いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

猫へのアロマが危険な理由

猫にアロマテラピー

 

1. 動物整体うんぬん

お越しくださった方より、「動物整体はしないの?」とのご質問を戴きました。

当院では動物整体はしません、というよりも、イヌやネコに対する解剖学、
生理学的な知識を持ち合わせておりませぬゆえできません。

この方はかなりの愛猫家で、アニマルテラピーに関心があるそうな。
それで、ネットや雑誌で情報収集しつつ、自己流でアロマテラピーをしてみたところ、
残念な事に、愛ネコさんが元気になったとは言いがたい状況なのだとか。

愛猫や愛犬にマッサージをすることは良い事です。実際に気持ちよさげにしてますもんね。
ですが、アロマテラピーとなると、話は違ってきます。できれば猫にはしない方がよいです。
 

2. 猫にアロマテラピーは禁忌です

アロマテラピーで使用する精油、エッセンシャルオイルは、基本的には植物から
抽出したものですが、ネコにとっては有毒になってしまう場合が多いです。

ご存知の通り、ネコ科は肉食系の生物ですから、植物系である精油が体内に入ると
分解、代謝できる可能性はかなり低く(ネコが食べても平気な植物もあります)、
ネコへのアロマテラピーは、しっかりした知識に基づいたうえで行わないと危険です。

それに対して、イヌは雑食分類されており、根本的に事情が異なります。
極端な話をすると、雑食系のイヌなら肉を食べさせなくても死んだりすることはありませんが、
肉食系であるネコの場合は、生きていくために肉類の摂取は必須条件なんですね。

余談ですが、肉類を一切食べなくても生きていけるヒトも雑食系です。
ベジタリアンの方等、実際に肉を食べなくても健康的に活動してますよね。
 

3. ヒトを基準に考えるのは間違いのもと

猫や犬は、身近な存在であるため、他の動物と比較して親近感もあるため、
得てして、ヒト目線で事の善し悪しを考えてしまいがちですが、身体の機能は大きく違っています。
そのため、よかれと思ってとった行動であっても、逆に仇になってしまうこともあります。

ですから、イヌやネコの解剖学、生理学的な知識を有していないため、
必然的に、「動物整体はできません」という結論になるわけです。

なお、ネコに対しても有毒にならないアロマオイルも存在している様ですから、
専門家から正しい知識を得たうえで、改めて検討するのが良いと思います。
ペットへの愛情とはいえ、ヒトを基準にした思い込みで進めてしまうと間違いのもとになりますよ。

関連記事 
【拙・ペットと一緒に寝ると睡眠の質が向上する?
【拙・異なる種族間での輸血
【拙・犬は人の感情を理解している、という研究報告


スポンサーリンク

最終更新日 2016年5月19日

2014年11月15日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ