いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

秋になると体調を崩しやすくなる理由

秋の紅葉
 

1. 秋は冬に向けた身体の移行期間

秋になると体調を崩す方が増えるのですが、普段は健康的に活動している方でも、
この時期になるとなんとなくしんどい、という方は少なくありません。

夏の暑い時期から、寒い冬への移行期間でもある秋は、身体に様々な変化をもたらします。

今の時期は1日ごとに気温や湿度、気圧の変化が大きく、朝でかける時に最適な服装であっても、
日中は汗ばむほどの暑さになったり、帰宅時には肌寒かったりすることも珍しくありません。

また、気温の低下に伴って汗をかきにくくなりますが、夏の間は汗として対外に排出していた水分は、
寒い時期になると腎臓で処理して尿として体外に排出することになりますので、
身体のバランスを一定に保つ機序の働き方が大きく変わってしまうわけです。

健康に問題を感じていない方でも、身体に負担がかかってしまうのですが、
自律神経系に不安を抱える方にとってはさらに条件が厳しくなります。

【拙・自分で出来る自律神経症状チェック
【拙・女性のホルモンバランスが崩れやすい理由
 

2. 秋に自律神経が乱れる理由

自律神経失調症パニック障害、不安神経症、不眠症などと深く関っているのが、
セロトニンという分泌ホルモンで、不足してくると、意味もなく不安になったり、
イライラしたりと、精神が安定しなくなってしまいます。

セロトニンが、「幸せホルモン」と称されるのもこのあたりが関係しているのでしょう。

そのセロトニンが分泌される機序は日照時間と密接に関係しているため、
日照時間が短いがゆえに、太陽を浴びる時間が少なくってしまうこの時期は、
どうしてもセロトニンが不足してしまいがちなんですね。

起床時に陽が差しているとなんとなくやる気になったり、雲に覆われてうす暗い日だと、
仕事や学校に行くことさえ億劫になってしまうことは、誰もが経験しているでしょう。
常夏の国の人が陽気で、極寒の地の人は思慮深い印象があるのは理に適っているわけです。

【拙・労力をかけずに自律神経のバランスを保つ方法
 

3. 日照時間が減るぶんだけセロトニンを補おう

冬の日照時間が減少してしまうことは、如何ともしがたい事象であって、
夏と比較してセロトニンの分泌量が低下してしまうのも仕方のないことです。

それなら、日照時間とは違うところでセロトニンを増やせるよう心がけるのがよろしいかと。

糖分や乳製品の摂取はセロトニンの増加に一役買ってくれますし、
毎日の質の良い睡眠はセロトニンの分泌を促してくれます。

秋になると、甘いものが欲しくなったり、眠くなってしまうのは、
身体がセロトニンの不足を補おうとしている証左でもあるわけですね。

というわけで、寒い時期にしっかり食べて、しっかり眠るのは身体に良い事ですから、
食べすぎ、寝すぎに注意しつつ、美味しい食事と、気持ちのよい睡眠を堪能してください。

関連記事
【拙・自律神経失調症を理解する
【拙・パニック障害を克服するために
【拙・自律神経失調症で胸に違和感や圧迫感が生じる理由
【拙・涼しくなるとくしゃみが止まらなくなるのは何故?


スポンサーリンク

最終更新日 2016年5月16日

2014年11月12日 | カテゴリー:自律神経の乱れ

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ