いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

まずはウイルスを拡散させない事が大切

マスクで通勤するひとたちの画像

《時事通信》  2014年9月9日  『エボラ熱感染、WHOが能力限界を警告』

【ジュネーブ時事】世界保健機関(WHO)は8日、西アフリカのエボラ出血熱で感染者が集中しているリベリアで、今後数週間で新たに数千人の感染者が出る恐れがあると警告した。現地で感染対策センターや病床が著しく不足。

「対応能力をはるかに上回るペースで感染が拡大している」と危機感を募らせている。(中略)

 WHOは「現地では、感染した疑いのある人とその家族が病院探しのため、タクシーで動き回っている」と指摘。タクシーやオートバイタクシーの利用が感染拡大の要因と指摘した。

 

1. 感染者は増える一方

うーん、なんと言いますか、当初から後手後手に回っている印象しかないのですが、
「これまではしっかり対応できていた」という論調はなんなのでしょうね・・・。

記事によりますと、エボラウイルスに感染の疑いがある方が、
タクシーをはじめ、オートバイで自由に動き回っている模様。

感染者が自由に歩き回っていれば、収束どころか、感染者は増える一方です。
エボラウイルス感染者が少ない初期であれば、ウイルスの感染経路、当該地域を特定し、
隔離してしまうことはそれほど難しくなかったはずですが、
2000人を超えてしまった以上、エボラウイルス感染者を隔離することは難しいでしょう。

最悪の場合、当該西アフリカ諸国への渡航禁止だけでなく、
入国拒否という手段に訴える国がでてきそうな勢いです。
国と国の間でのお話しですから、下手をすると国際問題に発展しかねません。

 

2. ウイルスを拡散させない配慮

日本では、これからの寒くなる季節には特に、「少し風邪気味かな」と思ったら、
マスクを着用する人が増えます。
さらに、「本格的に風邪をひいた」となりますと、仕事や学校を休みます。

マスクの着用も、仕事や学校を休むのも、自分のためだけでなく、
周囲に風邪ウイルスを拡散させないことが目的だったりしますが、
これは職場や学校の同僚に風邪を移さないための配慮ですよね。

東日本大震災の際に、パニックを起こすことなく、コンビに等に整然と列をなす姿が、
世界中から称賛されたことは記憶に新しいです。

自然災害にせよ、パンデミックにせよ、緊急時には民度が大きくものをいいますが、
日本とはすごい国だな、と改めて思った次第です。

関連記事
【拙・風邪をひいても熱を下げない方が早く治る医学的根拠
【拙・インフルエンザの予防接種は効果があるか?
【拙・医師が薬を飲まないというのは本当か?
【拙・風邪をひいたらお風呂に入らない方が良い?




2014年9月12日 | カテゴリー:免疫 & 微生物

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ