いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

蚊にご注意を=デング熱感染

デング熱蚊の画像

《NHK NEWSweb》  2014年8月28日 『厚労省 蚊への注意を呼びかけ』

埼玉県と東京都の男女2人が新たに「デング熱」に感染していることが確認されたことを受け、厚生労働省は蚊に刺されないよう広く注意を呼びかけるとともに、感染が疑われるケースについてはすみやかに保健所に届けるよう全国の自治体に求めています。(以下省略)

デング熱は、インフルエンザウイルスやエボラウイルスと異なり、
ヒトからヒトへは直接感染せずに、蚊を媒介として感染します。

その分だけ、感染者が爆発的に増加する可能性は低いともいえるのですが、
「蚊に刺されないよう注意しなさい」と言われましても、それは無理難題でしょう・・・。

デング熱が日本で流行する可能性は殆どない、とされてきただけに、
実際に感染者がでてしまった場合、万全の対応策があるとは思えません。
そもそも感染源が何処なのか気になるところで、感染経路の確定が待たれます。

《時事通信 》  2014年8月28日 『蚊駆除に全力=舛添都知事』

 海外渡航歴のない男女3人が、東京都渋谷区の都立代々木公園で蚊に刺されてデング熱に感染したとみられる問題で、舛添要一都知事は28日、記者団の取材に応じ、「全力で(蚊の)駆除に努めるので、過度に心配しないでほしい」と強調した。 

全力で蚊の駆除に乗り出したところで、蚊を絶滅させることは不可能でしょう。
本気で蚊を根絶やしにするなら、それこそ、蚊を遺伝子操作でもしなくてはなりません。

発生が確認されたのが、代々木公園とのことですから、都知事がコメントするのは当然としても、
もちろん、東京都だけでなんとかできるものでもありませんし、国家として対策が必要かと思われます。

今年は例年と比較して、涼しくなるのが早かったため、
蚊の活動がある程度抑制されることはせめてもの救いですね。

関連記事 
【拙・日本人がエボラ熱に感染の疑いで隔離
【拙・エボラ熱感染の米国医師=未承認薬で改善

 

2014年8月31日 | カテゴリー:免疫 & 微生物

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ