いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

日本人がエボラ熱に感染の疑いで隔離

エボラウイルス顕微鏡写真

《共同通信》  2014年8月29日 『感染疑いで2邦人隔離 モルドバ、イスタンブール経由』

旧ソ連圏モルドバの首都キシニョフで29日、日本人男性2人がエボラ熱感染の可能性を調べるため病院に隔離された。同国の国境警備当局が共同通信に明らかにした。

 2人は同日朝、日本からイスタンブールを経由して到着。入国の際、高熱があることが感知器で分かった。

 2人は数週間前に南アフリカに出張した後に体調を崩し、日本で検査を受けたが感染は確認されなかったと話しているという。南アフリカではエボラ熱の感染は確認されていない。(共同)

最近、ブログはエボラ関連ばかりですね・・・。
とはいえ、気になる上にかなりの大問題なので致し方なし。

日本人にもエボラウイルス熱の感染者がでた可能性あり、というニュースです。
効果的な封じ込め対策が成されているとは言いがたい状況ですので、
いずれ日本人にも感染者がでるだろう、と考えるのが妥当ですが、
それにしても、随分と早いな、という印象です・・・。

上記記事によると、南アフリカに出張中の日本人が、体調不良のために一旦帰国し、
日本で検査を受けるもエボラウイルス陰性。

検査結果を受けて、再度出国するもモルドバで、エボラ熱の感染を疑われ、
現地の病院に隔離された、という流れみたいです。

まだエボラウイルスに感染している事が確定したわけではありませんが、
そもそも、日本にエボラウイルス感染の有無を調べる専門機関があるのでしょうか。
そのあたりを含めて、今後の政府の対応が気になるところです。

関連記事 
【拙・エボラウイルスの感染が拡大中
【拙・エボラ熱拡大=封じ込めに6カ月超

 

2014年8月30日 | カテゴリー:免疫 & 微生物

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ