いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

夏にも関らずインフルエンザ拡大中=韓国

インフルエンザのイラスト

《中央日報 日本語版》  2014年7月28日 真夏に鳥インフル発生…口蹄疫も拡大か=韓国

農林畜産食品部(農食品部)は全羅南道咸平郡の養鴨農家で鳥インフルエンザが発生したと27日、明らかにした。7月に鳥インフルエンザが発生したのは初めて。

農食品部の関係者は「夏の強い紫外線はウイルスを殺す効果があるが、畜舎の中にあったウイルスが家畜の体内に入れば冬と同じように活動する」と説明した。(以下省略)

鳥インフルエンザといえば、すっかり寒い時期の風物詩のようになっていることもあり、
今の時期に、インフルエンザと聞くと、季節はずれなように思えますね・・・。

寒い時期にインフルエンザが世間を賑わすかと言いますと、
渡り鳥を媒介として感染被害が拡大しやすいという背景がある為です。

さらには、同記事にもあるように、強い紫外線はインフルエンザを死滅させる、
もしくは、著しく活動を低下させる効果があります。

言い換えると、夏の暑い時期には感染が拡大しにくいということであって、
決してインフルエンザに感染しないということではありません。

従いまして、夏であってもインフルエンザに感染してしまうと、
症状としては、冬と同等ですから、注意が必要になるのは言うまでもありません。

しかも、口蹄疫まで感染を拡大している模様ですので、
旅行や仕事等で、韓国に行く予定のある方は、くれぐれもご用心ください。

関連記事 
【拙・韓国でも鳥インフルエンザが拡大中
【拙・鳥インフルエンザのヒトへの感染はかなり深刻な問題

 

2014年8月10日 | カテゴリー:免疫 & 微生物

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ