いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

身体が硬直し、学校へ通えなくなった高校生

ひまわり
 

1. 自律神経失調症と診断される

先日、突然身体が硬直し学校に行けなくなってしまい、
慌てて心療クリニックへ行ったところ、自律神経失調症と診断され、
自律神経の問題なら、ということでご来院くださった方のお話し。

しばらくは、自宅で絶対安静にしつつ、療養するように、
と心療クリニックで告げられたものの、高校生の大切な時期に、
長期に渡って学校をお休みしてしまうことは、いろんな面で不安になってしまいます。

その時点で、既に二週間お休みしていたので、少しでも早く復帰したい、
と考えるのは、ご本人はもちろん、親御さんにとっても頷けるお話です。

【拙・子供に向精神薬が処方されるケースが増加中
【拙・パニック障害の予期不安を解消する方法
 

2. パニック発作に近い症状でした

それで、よくよく経過を尋ねてみたところ、半年ほど前から今日に至るまで、
三度過呼吸を起こしていることが分かりました。

過呼吸を起こした際の状況にも、共通する事項が見つかったため、
自律神経失調症というよりは、パニック発作に近い症状であることが判明。

身体とエネルギーバランスの状態を調べていくと、すぐに不調和が見つかったため、
緊張を解放し、バランスを整えて終了し、施術後はかなり落ち着いたご様子で一安心。

既に学校にも復帰でき、学園祭にもぎりぎり間に合って参加できた模様です。
学校をしばらく休んでいたところに、いきなり学園祭というイベントに参加したため、
さすがに疲労はみられたものの、バランスは悪くありませんでした。
この調子なら、これまで通りの高校生生活に戻れる日も近そうです。

睡眠時間が短かったり、過度に疲労を溜めてしまうと、
自律神経のバランスが崩れや、パニック障害の類は誰にでも起こりえます。
やっぱり毎日、確実に休息をとり、疲労を蓄積させないことは肝要かと思われます。

関連記事 
【拙・自分で出来るパニック障害チェック
【拙・本当に効果のあるパニック発作の対処法
【拙・パニック障害の改善に効果的な音楽
【拙・パニック障害を克服するために
【拙・薬なしでパニック障害、自律神経症状を治そう
【拙・自分で出来る自律神経症状チェック




最終更新日 2016年7月20日

2014年7月6日 | カテゴリー:パニック障害の症状

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ