いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

睡眠に適した温度と湿度

??????????

梅雨らしい天候になり、温度、湿度ともに高くなってきましたが、
夏の暑い時期は、運動をしなくとも体力を消耗しやすい時期です。

日を重ねると、確実に疲労が蓄積されていきますので、一日の疲労を翌日に持ち越さずに、
毎日、確実に体力を回復させてあげることが美容や健康に欠かせません。

それで、疲労を溜め込まないためには、質の良い睡眠は必要不可欠な要素ですが、
睡眠に適した温度は25度前後、湿度は50~60%と言われています。

ただ実際のところ、温度が多少高くとも、最適な湿度が保たれていれば、
比較的質の良い睡眠を得ることが可能だったりします。

言い換えると、湿度が高すぎる場合は不快感を伴い、
どうしても睡眠の質が低下してしまうことになってしまいます。

つまりは、エアコンの温度を高めに設定していても、
除湿効果で湿度を抑えることができれば、快適に眠ることが可能です。

暑い夏の夜でも、毎晩快適に眠ることができれば、夏ばてしにくく、
秋以降も健康的に過ごせる可能性が高くなりますので、
あれこれと試しながら、自分にあった最適な環境を探してみてください。

関連記事 
【拙・寝溜めは本当に健康に悪い?
【拙・健康を保つために理想的な睡眠時間
【拙・休みになると体調不良になるのは何故?
【拙・寝る時に咳が止まらなくなるのは何故?




最終更新日 2016年8月25日

2014年7月4日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ