いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

健康的に活動できる期間を長くするために

最終更新日 2016年1月30日

健康的な高齢者
 

1. 正しい姿勢を維持できることの価値

当院を定期的にご利用してくださる方で、年配の比率は低いですが、
80歳前後の方は、皆さんお元気です。
なんでも一人でできてしまうので、手がかかりません。

もっとも、定期的に利用してくださっているのですから、そうでないと、
施術に対する結果が伴っていないことを意味しますので、困りますけれども・・・。

歪みが少なく、正しい姿勢を維持できているのであれば、
身体に不具合が生じる確率が低くなることはいうまでもありません。

それで、ご年配の方からお話しを伺っていると、
動けなくなって、人の手を借りなくては生活に支障が
でてしまうようになることに対する不安は常にあるそうです。

【拙・整体で身長を伸ばすことは可能か?
 

2. 歳をとってから入院することが意味するもの

病気にしても、怪我にしても入院が必要になるレベルだと厄介です。
しばらく入院生活が続いてしまうと、体力や筋力が急速に低下してしまいます。

運動しなくとも、筋力の量に比例してエネルギーを消費しますので、
活動しないのであれば、不要な筋力はエネルギーを消費するだけですので、
エネルギーの効率化の為にも、筋力は自ずと低下していくわけですね。

そうしますと、めでたく退院した後、自宅に戻ってきても、
筋力が低下してしまったぶんだけ、今までと同様の生活を送ることが難しくなります。

【拙・後ろ歩きは健康に効果的か?
 

3. 健康的に活動できる期間を長くするために

これが若いうちであれば、リハビリを経て数週間で私生活に必要な筋力が戻るわけですが、
年配になると、元に戻るまでがなかなか険しいです。とにかくリハビリが億劫になりがちで、
最悪の場合は、体力だけでなく気力も低下してしまいます。

体力を維持するためにも、運動したり歩いたり、という意識付けは有効だと思います。

長生きすることも、もちろん価値のある大切なことですが、それよりも、
健康的に活動できる期間を長くできる様に、お手伝いができたらいいな、と考える次第です。

関連記事 
【拙・正しく健康的な靴の減り方
【拙・理想的な靴のサイズの選び方
【拙・若く見える人は心身ともに健康な人が多い
【拙・春先、運動をする際に気をつけたいこと
【拙・山を降る際は、膝や足首の負担が大きく痛めやすい


スポンサーリンク

2014年5月3日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ