いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

春になって運動をする際に気をつけたいこと

最終更新日 2016年9月15日

 
腰を痛めた女性
 

1. 春になると身体を動かしたくなる

「背中から腰にかけて筋を違えて動けないのでなんとかして」
とのことで、ご来院くださった方がいらっしゃるのですが、
どうしてそうなったのか尋ねてみたところ・・・。

Sさん 「ふつうに側転しただけなんです」
僕   「なんでまた側転を?普段からやるのですか?」
Sさん 「5年ぶりくらいですかね?天気も良かったのでなんとなく・・・」

寒い冬の間は、なんとなく身体を動かすことが億劫になりがちで、
春の陽気と供に、身体を動かしたくなる気持ちは理解できます。
山歩きだったり、サイクリングだったりと外で活動したくなりますね。





 

2. 春先の運動時に気をつけたいこと

ただ、気をつけなくてはいけないのですが、春先のこの時期は、
昼間は気温も上昇するのですが、朝晩はまだまだ冷え込むことがあります。
そうしますと、気温の変化に合わせて身体も緊張します。

昼間の陽気に誘われるがままに、突然運動を始めてしまうと、
筋を違えたり、ぎっくり腰になりやすい時期でもあります。

冬のあいだ、身体を動かすことを控えていた方にとっては、
故障発生のリスクが、尚更高くなってしまいます。

身体を動かしたくなるのは良いことですが、準備も念入りに行って、
身体が十分に温まって柔軟性を取り戻してから運動した方が吉です。
怪我することなく、健康的に春を楽しんでくださいませ。

関連記事 
【拙・運動神経がいいってなんだろう?
【拙・運動会でお父さんが転倒するのは何故なのか?
【拙・後ろ歩きは健康に効果的か?
【拙・素足が健康に良い理由
【拙・大掃除はぎっくり腰にご用心




 

2014年4月11日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ