いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

汚染された川が燃える=中国

中国の川が燃える
 
寒さが和らぐこれからの時期は季節風の影響で、
中国の大気汚染のとばっちりを受けやすい季節ですから、
寒い冬を乗り越えて、春を迎える喜びが半減してしまいます・・・。

PM2.5や、黄砂といった大気汚染に注目が集まりですが、
実際のところ、中国では水質汚染や土壌汚染もかなり深刻なレベルに達しています。

人類史上初と言ってよいレベルのスモッグを撒き散らしているのですから、
水や土も汚染されてしまうのは、当然と言えば当然ですね。
 

≪世界の憂鬱≫ 2014年3月8日『中国・温州市の汚染川が大炎上!

中国・温州市を流れる川で、川に溜まった汚染物質が通行人が投げ捨てたタバコの吸殻の火に引火し、何と炎が高さ5メートルに達する程の大炎上を巻き起こし、川岸の上に停車していた車まで炎上させる火災が起きました。

炎は駆けつけた消防隊員により消し止められましたが、中国は急速な工業化の為川にはありとあらゆる引火性のある汚染物質が流し込まれている様です。私は(ロシア人)はこのニュースを見てロシアの童話の一場面を思い出しました。

煙草の吸殻を、川に投げ捨てる行為自体けしからんことですが、
まさか、それがきっかけで火災が発生してしまうとは・・・。
まさしく環境よりも工業化が優先されきた証です。

こんな惨状では、そりゃ、魚を生で食べるなんて論外です。
僕なら、しっかり念入りに焼かれていようが、煮られたものであろうが、
中国で採れた食品はごめん被りたいです。

関連記事 
【拙・宇宙からみた中国の大気汚染
【拙・中国の大気汚染に人工降雨で対応するらしい

 

2014年3月10日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ