いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

寒さを我慢すると痩せることが可能か?

寒そうな女性
 
寒さを我慢している際には、運動をしているわけでもないのに、
身体は勝手にエネルギーを消費してくれます。

そういう意味では、寒さを我慢するだけで痩せる効果があるというのは事実です。
ところが、効率的なダイエット方法かと言えば、そうでもありません。

1. 寒さを我慢すると痩せることが可能か?

このところ、連日寒い日がつづきますが、本日お越しくださった方は、
なんと、みているこっちが寒くなるレベルの薄着で登場。
この寒空に薄着で出歩いたら、かなり目立ちそうです・・・。

このクライアントさんですが、普段(これまで)は、決して薄着する方でもなく、
どちらかと言えば、寒がりで冬は苦手としていらっしゃる方だったりします。

それで、なんでまた薄着をしているのか理由を聞いてみたところ、ダイエット中で、
「寒いのを我慢しながら過ごしていると、それだけで痩せる効果がある」とのこと。

なるほど。ダイエットのための薄着でしたか。
理にかなっているような、かなっていないような・・・。

【拙・寒くなるとトイレが近くなるのは何故か?





 

2. 寒いとエネルギーを消費する理由

身体には、本来あるべき正常な状態を保とうとする機能(ホメオスタシス)が
備わっているのですが、実は整体施術もその性質をを応用したものです。

体温ももちろん例外ではなく、健康体であれば37度を保ち続けます。
寒いところにいようと、暑いところにいようと、体温は変わりませんよね。

つまり、寒いところにいると身体はエネルギーを費やして体温を保とうとするわけです。
極寒の地である南極だと、その場にいるだけで恐ろしくカロリーが消費されてしまうのですが、
周囲の気温が低すぎて、一定の体温を保つのもかなり大変だということです。

寒い部屋を暖める際に、暖房をONにしてから、部屋が暖まるまでのあいだは、
電気なり、灯油、あるいはガスを急激に消費してしまうのと似たような理屈ですね。

【拙・夏になると足がだるく、むくむのは何故なのか?
 

3. 運動するか、寒さに耐えるかの違い

寒い時期に外での待ち合わせ等で、寒さを凌ぐために、その場で軽く足ふみしてみたり、
無意識のうちに、貧乏ゆすりをしていたという経験は誰にでもあると思いますが、
それは運動による発熱で効率的に体温を維持しようとしているわけなんですね。

ところが、実際には足ふみや貧乏ゆすりをしなくとも、体温は一定に保たれます。
その場合に、身体は基礎代謝をあげて体温を維持しようとするわけです。

あまりに気温が低かったり、寒い中で長時間過ごすことになり、
いよいよ基礎代謝だけでは体温を維持することが難しくなってくると、
自分の意思とは関係なくブルブルと震え始めることになります。

「寒いのを我慢しながら過ごしていると、それだけで痩せる効果がある」
というのは、つまりそういうことです。

ちなみに、運動して体温を保つ場合と、なにもせずヒトのホメオスタシスにより体温を保つ場合、
消費されるエネルギーには殆ど差はなく、薄着で耐えても痩せるほどエネルギーは消費しません。

従いまして、運動する煩わしさを我慢するのか、寒さに凍えるのを我慢するかの
選択になるわけですが、果たしてどちらがお得なんでしょうね・・・。

【拙・睡眠不足が肥満を招く医学的根拠
 

4. エネルギーの消費は続かない

雪の中を歩く
 
寒空のもとで、ランニングでもすればより効率的にダイエットできるのかというと、
これまた微妙です。運動をすることによって、いったん身体が温まってしまえば、
それ以上体温をあげる必要がなくなります。つまり、寒冷によるエネルギーの
自動消費は期待できないことを意味します。

このあたりの事情も、暖房の使用時と似たようなものです。
いったん部屋が暖まってしまえば、その後は、部屋の温度を維持するために必要になる電気や灯油、
あるいは、ガスのエネルギー消費はたいしたことはありません。

エアコンをつけっぱなしにしているよりも、こまめにONとOFFを繰り返した方が、
逆にエネルギーを消費することになり、電気代がかさんでしまうのと同じ理屈です。

【拙・糖尿病の薬スーグラを飲むと痩せる?
 

5. ヒトは寒さに順応する

さらに、ヒトには環境に順応していくという優れた能力がありますので、
寒さを我慢して過ごしていると、身体も次第に寒い中で過ごすことに慣れていきます。
つまりは、寒冷地仕様の「寒さに強い身体」になっていくわけです。

北海道などの気温が低い地に移り住むと、当初は本当に厳しい冬になりますが、
2年、3年と月日が経過するに従って、寒さに対する苦痛は徐々に軽減されていきます。

逆もまた同様の現象が起こります。北海道から関西に引っ越してきたクライアントさんから
話を聞いてみると、「最初の数年は関西の冬は暖かいから楽だと思いました」と仰る方が多いです。

ところが、さらに数年を関西で過ごし、生活も板についてくる頃には、
「やっぱり関西の冬も寒いです」という印象に変わっていくものです。

【拙・ダイエットしてもリバウンドする理由
 

6. 冬になると食欲が増す理由

%e7%8e%8b%e6%a7%98%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%83%b3%e3%81%ae%e9%aa%a8%e6%a0%bc
 
話が逸れましたので元に戻します。心に留めておきたいのが、寒冷地仕様の身体になると、
寒さに対応できるように、摂取した食べ物から脂肪を効率的に蓄えようとすることです。
平たく言いますと、寒い中で過ごし続ければ脂肪を蓄えやすい身体になります。

ヒトは寒さに対して、「体温を保つために脂肪を燃焼する機能」と
「体温を上昇させるエネルギーが枯渇しないよう脂肪を蓄える機能」を併せ持っています。
夏よりも冬に食欲が増すのは、凍えないように体温を維持するためです。

ところで、上記の画像は王様ペンギンの骨格です。まるっと愛らしいペンギンのイメージ
から考えると、随分スマートな印象を受けたのではないでしょうか?

実はペンギンやアザラシは身体の殆どが脂肪です。厳しい寒さに対抗するために、
カラダ全体が分厚い皮下脂肪で覆われているわけなんですね。

ペンギンと同じく、人間も寒さを凌ぐためには、脂肪の存在が不可欠なのです。
従いまして、改めてメリットとデメリットをトータルで考えてみると、
寒さを我慢するというダイエット方法は、決して効率的とは言えないでしょう。

関連記事 
【拙・タイツを履くとスースーする理由
【拙・本当に痩せるのかファットバーンを試してみた
【拙・肥満症治療薬は本当に痩せるのか?
【拙・モデルさんが愛飲する太らない水
【拙・着圧ソックスで本当に脚のむくみを改善できるか?




最終更新日 2016年11月11日

2014年2月16日 | カテゴリー:効率的に痩せる方法

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ