いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

日本人の研究環境も素晴らしかった

研究画像
(出典 http://www.tus.ac.jp/)

 

1. 夢と希望の溢れるお話です

 
《読売新聞》 2014年1月30日 『新万能細胞、サルの治療で実験中…ハーバード大』

細胞に強い刺激を与えただけで作製できる新たな万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の開発に理化学研究所と共にかかわった米ハーバード大の研究チームが、脊髄損傷で下半身が不自由になったサルを治療する実験を進めていることを30日明らかにした。
研究チームの同大医学部・小島宏司医師によると、脊髄損傷で足や尾が動かなくなったサルの細胞を採取し、STAP細胞を作製、これをサルの背中に移植したところ、サルが足や尾を動かせるようになったという。(以下省略)

昨日にも触れたSTAP細胞の研究に関してですが、
以前からあったとはいえ、予想以上に研究が進んでいて驚きました。

脊髄が損傷により、足や尾が動かせなくなったサルが、
STAP細胞の応用によって、足や尾を動かせるようになっただけでも
かなり衝撃的で、夢と希望の溢れるお話です。

理論上、脊髄神経に限らず、ヒトの各臓器や歯に対しても応用可能です。
実用化されたら、本当に世界中の多くの人に希望をもたらしますね。

 

2. 再生医療における研究の背景

 
《産経新聞》 2014年1月30日 『山中教授「重要な成果。誇りに思う」』

iPS細胞を開発した山中伸弥京都大教授の話「重要な研究成果が日本人研究者によって発信されたことを誇りに思う。今後、人間の細胞からも同様の手法で多能性幹細胞が作られることを期待している。マウスの血液細胞に強いストレスを加えると多能性が誘導されることを示した興味深い研究であり、細胞の初期化を理解する上で重要な成果だ。(以下省略)

さすがは、山中伸弥教授。なんという人格者。

STAP細胞の作製に成功した小保方晴子さんの研究論文は、昨年の春、
権威ある英科学誌ネイチャーに、「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している」
と酷評されたそうな。

ネイチャーを擁護するわけではありませんが、常識的な判断だったと思います。
それくらいこれまでの常識を覆す研究結果であったということに加えて、
ネイチャーが慎重にならざるを得なかったという諸事情があります。

韓国の生物学者である黄禹錫を主犯とする「ヒト胚性幹細胞捏造事件」が、
再生医療の研究において世界的停滞を引き起こしたことは紛れもない事実で、
そういう背景があれば、ネイチャーの結論は妥当でしょう。

むしろ、ネイチャーのように、小保方晴子さんの研究を潰さなかった
日本の研究者の環境が大いに評価されるべきしょう。
小保方晴子さんが他の国で研究していたのであれば、今回の研究も脚光を浴びることなく、
そもまま埋もれてしまっていた可能性が高いように思います。

小保方晴子さんが素晴らしいことは言うまでもありませんが、
山中伸弥教授をはじめ、日本人の研究環境も素晴らしかったのだと思います。
 

追記

《日刊》  2015年1月27日  『小保方氏「とってない」と全面否定』

私は、とっていません-。STAP論文問題に絡み、理化学研究所OBの男性が、理研の小保方晴子元研究員(31)が研究室から胚性幹細胞(ES細胞)を盗んだとして、窃盗容疑で告発状を兵庫県警に提出した件で、小保方氏の代理人の三木秀夫弁護士が27日、大阪市内で取材に応じた。(中略)

理研の調査委員会は昨年、STAP細胞はES細胞が混入したものだと「ほぼ断定できる」と見解を示したが、誰が混入したかについては分からないとしている。

丁度一年ほど前、STAP細胞が世間に公表された直後に、小保方さんだけでなく、
日本の研究者の環境は素晴らしい云々と書きましたが、てんで見当違いでした。

論文の捏造疑惑だけでなく、ES細胞の盗用疑惑まで浮上してしまいました。
小保方氏や、とりまく研究環境ともどもグダグダですね。すみません・・・。

関連記事 
【拙・子孫に危険を「警告」する遺伝メカニズム
【拙・15歳の少年がすい臓がん発見の画期的方法を開発

 

2014年2月1日 | カテゴリー:サイエンス

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ