いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

新たな万能細胞STAPの作製に成功=小保方晴子さん

STAP細胞・小保方晴子さんの画像
(出典 http://www.yomiuri.co.jp/)

《朝日》 2014年1月29日 『新しい万能細胞作製に成功 iPS細胞より簡易 理研』

 理化学研究所などが、まったく新しい「万能細胞」の作製に成功した。マウスの体の細胞を、弱酸性の液体で刺激するだけで初期化=が起き、どんな細胞にもなれる万能細胞にかわる。いったん役割が定まった体の細胞が、この程度の刺激で初期化することはありえないとされていた。生命科学の常識を覆す画期的な成果だ。29日、英科学誌ネイチャー電子版のトップ記事として掲載された。

にわかには信じ難い内容です。いや、それだけ画期的だという意味ですよ。
実用化されたら、iPS細胞関連は不要になってしまうレベルのお話です。

色々なアプローチから、万能細胞の可能性が広がりをみせることは、
医学の常識が変わり、治療方法をはじめとした選択肢が増えることを意味します。

植物において、シロイヌナズナの転写因子が初期胚の発生に関与している
重要な制御因子である、との研究報告を拝見したことがありますが、
マウスでも外部刺激で転写因子が初期化されるとかそういうことなんでしょうか。
なんだか、人が踏み込んではいけないと言われている領域にさえ到達できそうです。

それにしても、小保方晴子さんのような優れた研究者がたびたび現れる日本って本当に凄いです。
しかも随分とお若いと思いきや、まだ30歳とのことです。日本の未来は安泰かも。

ところで理研って、ワカメスープの美味しいあのリケンですよね? 

関連記事 
【拙・子孫に危険を「警告」する遺伝メカニズム
【拙・15歳の少年がすい臓がん発見の画期的方法を開発

 

2014年1月30日 | カテゴリー:サイエンス

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ