いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

子孫に危険を「警告」する遺伝メカニズム

遺伝子の画像

【AFP BB News】 2013年12月2日 『雄の子孫に危険を「警告」する遺伝メカニズム、マウスで発見

【12月2日 AFP】特定の匂いを恐れるように訓練された雄の実験用マウスは、精子内のあるメカニズムを介して、その匂いに関連して受けた衝撃を後に生まれる雄の子孫に伝えることができるとする研究論文が1日、英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス(Nature Neuroscience)」に掲載された。

動物は祖先の心的外傷(トラウマ)の記憶を「継承」し、あたかも自分がその出来事を体験したかのような反応を示すという説に証拠をもたらすものだと論文は主張しているが、これは後成遺伝学(エピジェネティクス)研究の最新の発見だ。エピジェネティクスでは、遺伝子の基礎情報であるDNAの塩基配列に何の変化がなくても、遺伝子が異なる振る舞いを始める要因として、環境要因が挙げられている。

論文の共著者の一人、米エモリー大学医学部(Emory School of Medicine)のブライアン・ディアス(Brian Dias)氏は「祖先の経験が子孫の世代にどのように影響するのかを知ることで、継世代的な神経精神疾患の発症に関する理解を深めることができるだろう」と話す。また将来的には、トラウマとなる記憶の「継承」を軽減できる心理療法の開発につながるかもしれない。(以下省略)

なかなかに興味深い実験です。古来より日本人だけでなく、世界の至るところ、
それこそ人類と言っても過言ではありませんが、爬虫類、
中でも蛇に対して、生理的な嫌悪感を持つ人は少なくありません。
蛇は伝説や伝記にも数多く、よろしくない存在として登場します。

しかしながら、何故嫌悪感を抱いてしまうのかは解明されていません。

上記の引用は、記憶が子孫に継承するメカニズムを検証している実験で、
親の記憶が精子によって運ばれたと、考えられるのだそうです。

記憶が継承されることが確定すれば、
当然ながら、より強く記憶を継承する個体と、そうではない個体が現れ、
更には、隔世遺伝によって記憶が継承する可能性もあり得ます。

そうすると、いわゆる前世の記憶や、輪廻転生といった概念まで、
科学的に解明される日がくるかもしれません。

記憶を強く継承できた個体は、DNAから太古の記憶を継承したことを意味し、
まさしく人類の英知を授かったと言える存在になりますね。

話が飛躍し過ぎてしまいましたが、なんとも夢とロマンに溢れた実験です。

関連記事
【拙・癌になる原因は遺伝や環境ではなく運だった?
【拙・コーヒーフレッシュには発癌性がある?
【拙・臭気によって癌を診断する技術
【拙・花粉症の人は癌になりにくい?
【拙・DNAを修復してくれる奇跡の音楽


スポンサーリンク

2013年12月5日 | カテゴリー:サイエンス

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ