いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

芦屋で古代魚アリゲーターガーが発見される

%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%bc

<朝日新聞> 2013年11月25日

アリゲーターガー、ウシガエル、ブルーギル……。兵庫県芦屋市が今月、工事のため同市岩園町の「仲ノ池」の水を抜いたところ、干上がった池の底から、外来種の魚やカエルが次々に見つかった。江戸時代に農業用に作られたというため池に、何が起きたのか。

現在の池のまわりは静かな住宅街。そばを阪急神戸線が走る。南北約130メートル、東西約80メートル。 遊歩道があり、市民の憩いの場だ。水位が下がった4日、近所の小学生ら80人を集め、市が生き物の観察会を開いた。投網を打つたび、姿を現したのはブルーギル。「この魚知ってるで。外来種や」。子どもたちが声をあげた。

市はため池の水漏れ対策工事にあわせ、環境コンサルタント会社「三洋テクノマリン」に池の生態調査を頼んだ。同社によると、19日時点で確認できた外来種はブルーギル904匹、ウシガエル35匹、ミシシッピアカミミガメ30匹など。一方、在来種はゲンゴロウブナ396匹、コイ104匹などだった。

ワニのように鋭い口を持つ北米原産の巨大魚アリゲーターガーも捕獲した。体長1・3メートル、重さ16キロあり、大人が数人がかりで引き揚げた。

アリゲーターガーは、1尾しか見つからなかったそうですので、
繁殖して数が増えることはありえませんから、
池の生態系が激変してしまうことは免れたようです。

天敵になりそうな生物は皆無ですから、仮につがいだったら、
恐ろしいことになりそうです・・・。

飼っていたものを手に負えなくなったために放したのでしょうけれど、
アライグマみたいな例もありますので、出来心では済みません。

池に1・3メートルの魚がいたら驚きますが、
鋭い歯を持っているのですから、尚更ですね。

白亜紀以降ほとんど変化がみられないため、
生きた化石、古代魚として扱われているそうです。

20131127

こんなのがいたら、在来種は瞬く間に全滅しそうですが、
見かけによらず気性は温厚なうえに、少食とのこと。

本来の生息地である米国では、環境悪化のため、数が減ってしまい、
逆にアリゲーターガーが絶命危惧種に指定されている模様。

その古代魚が芦屋の池で棲息しているのですから、分からないものです。

関連記事 
【拙・攻撃性の強いスズメバチが日本に上陸
【拙・地中から10メートルを越える巨大生物が発見される
【拙・アライグマによる被害が増えているらしい
【拙・ゴリラと大蛇はどちらが強いのか?




2013年11月27日 | カテゴリー:西宮 ・ 芦屋の地域情報

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ