いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

辛ラーメンから重金属系の毒素が検出

<日本新華夏> 2013年11月15日 即席ラーメンの調味料の袋から重金属を検出

台湾紙「今週刊」は13日、10月と11月に複数メーカーの即席ラーメンの調味料の袋から銅、鉛、ヒ素、水銀などの重金属が検出されたと報じた。統一企業は11月14日、「重金属の含有量は国家基準の範囲内である」とコメントした。
サンプル商品は「維力炸醤麺醤料袋」やカルフールで購入した「康師傅香辣牛肉麺」、統一肉燥および韓国の辛ラーメン含まれる。
2回に分けて検査を受けた7つのサンプルのうち、味王原汁牛肉湯麺の調味油から微量の銅、五木香葱拌面からヒ素と銅が検出されたほか、康師傅香辣牛肉麺、韓国の辛ラーメン、統一老壇酸菜牛肉麺、味丹味味A排骨鶏湯からいずれもヒ素、鉛、銅が検出された。ネットで購入した美食阿舎排骨鶏湯麺から上記3種類の重金属のほか、水銀まで検出された。
そのうち、統一老壇酸菜牛肉麺は銅と鉛の含有量がそれぞれ1.73ppm(mg/kg)と0.222ppmと最も高い。ヒ素の含有量が最も高かったのは韓国の辛ラーメンで0.532ppmだった。

韓国の辛ラーメンと言えば、日本でも販売されており、
コンビニ等では、定番扱いにされているところも少なくないような・・・。

素人考えながら、鉛や銅であれば、製造過程において調理器具等から
混入してしまうこともありそうな気がしますが、
ヒ素や水銀が混入してしまう余地がどこにあるのかさっぱり理解できません。

重金属系の毒素は、いったん体内に入り込んでしまうと排出されにくく、
公害病で知られる水俣病も、水銀の蓄積が発症要因になっています。

重金属の蓄積が進むと、公害病でなくとも、疲れやすくなったり、
免疫力の低下を招いたり、不眠や冷え症の要因になっているという指摘もありますので、
国家が定めた含有量基準値未満であるから問題なし、と言う事にはなりません。

日本国内では、産地偽装の報道が後を絶たない状況ですが、
毒物混入は、健康被害に直結してしまいますので、
産地偽装よりも、余程重大な問題であると言えます。

販売元が日本企業なら全品回収騒ぎどころか、間違いなく倒産の危機でしょう。

関連記事 
【拙・韓国産食品の衛生問題あれこれ
【拙・アニサキスが多量に発生=韓国
【拙・コンビニ野菜に栄養がないというのは本当か?
【拙・食品添加物に含まれるpH調整剤の危険性
【拙・生クリームは健康に悪いのか?


スポンサーリンク

2013年11月18日 | カテゴリー:栄養と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ