いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

過度の運動は避けた方が良い理由

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7
 

1. なぜかランニングが選ばれる

(拙・西宮国際ハーフマラソン2013)を読んでくださった数名の方から、
「ランニングはやめた方がいいの?」とのご質問を戴きました。

結論から申し上げますと、ランニングを好んでやっているのであれば、
あえて止める必要はありません。むしろ、せっかくの趣味なのですから大切にしましょう。

現代社会では、普段からの運動不足を気にしている方は少なくないです。
ですが、仕事で疲れて帰宅すると、なかなか運動する気になれませんよね。

それで、一念発起して、「これではいかん、何か始めなくては!」
と実際に運動を始める場合、どういうわけだかランニングが選ばれます。
さらに、最初から結構ハードなノルマを課してしまう事が多かったりします・・・。

運動に限ったことではありませんが、何か始める前は億劫であっても、
実際に一歩目を踏み出すと、その後はそれほど苦にならないものですよね。

それ以外にも、家族をはじめとした周囲の目もあるのでしょう。
運動を始めます宣言をしたものの、「30分歩きます!」では、なんとなく冴えませんし。

【拙・運動神経がいいってなんだろう?
 

2. 過度の運動を避けた方が良い理由

さて、健康、および身体に良いのは、言うまでも無く、「適度な運動」なわけですが、
それなら、「全く運動しない」場合と、「過度な運動」をする場合を比較するとどうでしょう?

運動をハードにやり過ぎて、怪我や故障してしまうのは、もちろん論外です。
歳をとってからの怪我は治りにくいうえに、重症化する傾向があります。

学生の頃と比較すると、年々身体能力は確実に低下し、カラダは劣化していくものです。
若い頃のイメージで、いきなりハードな運動を始めると、どうなるかは明らかでしょう。

たとえ、怪我はしなくても、身体に負担が架かり過ぎて、疲労が残ってしまうレベルまで
運動をしてしまうと、仕事を含めて私生活に支障がでます。

従いまして、身の丈にあっていない激しい運動を始めるくらいなら、今まで通り
何もしない方がまだマシでしょう。「過ぎたるは及ばざるが如し」です。

【拙・筋肉痛になった時の対処法
 

3. 適度な運動をしよう

%e9%81%a9%e5%ba%a6%e3%81%aa%e9%81%8b%e5%8b%95
 
誤解しないで欲しいのですが、「運動なんかせずにぐうたら過ごせば良い」
と言ってるわけではありませんよ。あくまでも、「やり過ぎるくらいなら、
何もしない方がマシ」という事です。くれぐれも勘違いなさいませぬよう。

さて、健康の維持、促進が目的であれば、無理をして長い距離を走らなくとも、
30分~60分程度自分のペースで歩くだけで十分です。
何もしないで過ごすことを考えれば、数年後には天と地くらいの差が出ます。

というわけで、周囲の目を気にせず、無理のない範囲で自分にあった運動を
つづけるのが良いです。家族の方も、温かく見守りましょう。
色々と試しながら、自分にあった健康管理の方法を見つけられたら良いですね。

関連記事
【拙・飲むと痩せるらしいので試してみた
【拙・正しく健康的な靴の減り方
【拙・後ろ歩きは健康に良いか?
【拙・素足が健康に良い理由
【拙・整体で身長を伸ばすことは可能か?




最終更新日 2016年10月20日

2013年11月9日 | カテゴリー:その他

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ