いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

夫の転勤により女性が陥る体調不良

会話を楽しむ女性の画像
 

1. 夫の転勤により女性がおかれる立場

数年前から、転勤などを理由として、若いご夫婦の西宮への移住が増加傾向にあります。
職場は西宮と言うわけではなく、神戸だったり大阪だったりするのですが、
その中間に位置しつつ、居住環境が良さそうとのことで、西宮が人気なのだとか。

転勤と言うからには当然会社絡みなのですが、「夫婦揃って関西への出向辞令がだされる」
なんて都合の良いケースなんぞは、そうそうあるわけもなく・・・。

大抵の場合は、旦那さんの転勤に伴い、奥さんはやむを得ず退職してしまう、
というケースが多いようですね。

こういう時、異動になったとはいえ旦那さんの方は、勝手知ったる会社で、
顔見知りも数人はいるでしょうし、仕事を通して直ぐに友人や知人が増えていきます。

一方で女性の方はと言いますと、新たに職を探すとなるとかなりの労力を必要とします。
これを機に、しばらく専業主婦に徹するという選択をした場合だと、
今度は友人や知人が近くに居ませんので、これまた大変な苦労になります。

実際問題として、専業主婦をしていると新たな友人、知人と知り合うきっかけは、
殆どないに等しく1日の大半を一人で過ごすことを余儀なくされます。

女性でなく男性でも、1日中誰とも会話をすることなく過ごす日がつづくと、
精神衛生上よろしくありません。





 

2. 女性にとって会話できない事はストレス

女性の場合は、会話により共感しつつ自我を満たしていく傾向がありますので、
誰とも会話をしない日がつづいてしまうと、かなりのストレスになってしまいます。

言い換えると、普段から会話することによって日々のストレスを解消しているわけですね。

そうしますと必然的に、旦那さんが帰宅すると、それまで誰とも話しをしていなかったため、
旦那さん相手に、無意識下でたくさん話し込んでストレスの軽減をはかります。

ところが、男性側からすると、「慣れない環境で仕事して疲れているから少し黙ってくれ!」
という残念すぎる展開になってしまいがちです。

さらに酷くなると、「1日家でのんびりしているんだから!!」などと、
決して口にしてはいけない一言が、ついうっかり放たれようものなら、
修羅場を招くこと間違いなし。結局は誰も得をしません。
 

3. お互いが譲歩しよう

夫婦喧嘩の画像
 
男性にとっては、不慣れな土地で仕事を終えて、唯一の心休まる我が家の居心地が悪くなり、
女性にとっては、唯一の大切な対話相手に不信感を抱いてしまうことになってしまいます。

会話できないストレスから、睡眠障害やうつ状態に陥ってしまう女性は少なくありません。

最悪の事態を招かない為には、お互いに歩み寄り譲歩できれば最も良いのですが、
状況的にも男性側がパートナーに対して配慮した方が良いでしょう。

友人や知人がいない土地で、一人で過ごさざるを得なくなるという
女性を取り巻く環境を理解できていれば、深刻な状態になる前に理解しあえます。
事前にしっかりと話し合って、お互い気分良く過ごせる環境を整えてくださいね。

関連記事 
【拙・視覚効果で体感温度を調整する
【拙・目のポスターで犯罪を抑制できるか?
【拙・生活環境が変わるとストレスを感じやすい
【拙・出産後パニック障害になりやすい理由




最終更新日 2016年10月16日

2013年11月2日 | カテゴリー:心理学

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ