いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

飲食店で客の食べ残しを再利用することの是非

obentou_karaage
 

1. 再利用は韓国の食文化

 
<拙・ビールを飲むと下痢をしやすいのは何故なのか?>を読んでくださった方から、
「こういうのもあるので、よかったら読んでみてください」とのメールを戴きました。

以下は、メールにて教えて戴いた記事の抜粋です。

<アメーバニュース> 2013年10月13日 『「食べ残し食材の再利用」が合法?韓国グルメの意外なリスク

韓国では飲食店で客の食べ残しを、次の客の時に再利用するということが珍しくありません。食文化的な違いがあるとしても日本人からしてみれば、衛生面が気になります。焼き肉をはじめ、韓国料理は日本でも人気の外食産業のひとつ。口に入れる食べ物であるだけに、衛生リスクには自己防衛が必要かもしれません。

日本では、外食産業における衛生管理は厳しく法律で管理されています。食品衛生法では、不衛生な食材はもちろん、前の客が食べ残した食品の再利用をすることは許されていません。伊勢のお土産でも有名な老舗の赤福が、食材の再利用をしていたことが発覚して、営業禁止処分を受けたことは記憶に新しいでしょう。

しかしながら、残念なことに韓国では決してそうではないようです。韓国の食品衛生法でも、不衛生な食材の再利用には厳しい罰則を設けていますが、例外が設けられています。例えば、

・サンチュ、生ニンニク、ミニトマトなど、調理されておらず原型が維持されている食材
・皮をむいていないウズラの卵、バナナ、ブドウなど、皮をむかずに原型が維持されていて、他の物質と接触
 していない食材
・キムチやカクテキなど、ふたがついた容器に入り、客が摂取した分だけ量が減った食材などは、合法的に食品の再利用が認められています。(以下省略)

なるほど、なかなかに興味深い記事です。国によってかなり違うものですね。

本文にある通り、日本国内の飲食店が、食べ残しを再利用しようものなら、
マスメディア総動員で徹底的に叩かれます・・・。
 

2. 日本人は潔癖すぎやしませんか?

 
日本だと、再利用どころか大阪の串かつ屋さんで、ソースを二度づけしようものなら、
大将に叱られ、他のお客さんからも冷ややかな視線を受けること間違いなし。

日本の食文化において、再利用は是とされていない理由は、衛生面からの配慮でしょうね。

口腔内には雑菌が多く、間接的であれ接触してしまうと、
温度や湿度という一定の条件が揃えば、雑菌が瞬く間に繁殖していく可能性があります。
よって、食品の再利用に否定的であることには異論ありません。

とはいえ、「日本人は少し潔癖すぎやしませんか?」 と感じることもしばしば。
コンビニ等でのお弁当の廃棄には、「もったいないな」と思ってしまう方です。

いや、だってね、消費期限が数時間過ぎたくらいで、
日本で管理されているお弁当が食中毒を起こすなんて、まずありえませんよ?

「少しくらい時間が過ぎていても良いよ」と言う人がいれば、
心情的には、売ってあげてもよいのでは、と思ってしまいます。
 

3. 食べ残しの再利用は支持されそうにない

 
実は7~8年前、スーパーを経営している方に、聞いてみたことがあるのですが、
「心情的には、希望者がいれば差し上げたいのですが、企業としては許容できないのです」
との返答を戴きました。

適切に保存しつつ、数時間以内に食べてくれるのであれば、なんら問題ないのですが、
その後、どういう経緯を辿り、いつ食べられるかはお客さん次第であり未知数です。

そうしますと、製造元としては、やっぱり表記された期日は厳守しなくてはならないそうです。

従業員に対してもまったく同じ扱いで、売れ残り数と、廃棄処分数が一致するか、
徹底的に管理されているのだとか。

そう説明されると納得せざるを得ませんね。
例え、廃棄したお弁当であっても、それを食べた人が、食中毒を起こそうものなら、
製造・販売元の企業イメージは低下してしまいますから、
営利企業としては、「致し方なし」と言う事になりそうです。

やっぱり日本人は少し厳しすぎる傾向がありますね。
とはいえ、食べ残しの再利用を謳っている飲食店に入るには勇気が要りそう・・・。

事の善し悪しは置いておき、飲食店における食べ残しの再利用は、
大抵の日本人には、なかなか馴染めそうにないかもしれませんね。

関連記事 
【拙・食品添加物に含まれるpH調整剤の危険性
【拙・景品表示法は複雑でなかなかに難しい
【拙・日本人は控えめで我慢強い?


スポンサーリンク

最終更新日 2015年6月23日

2013年10月26日 | カテゴリー:栄養と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ