いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

景品表示法は複雑でなかなかに難しい

産地偽装の類に関しては、健康被害に直結しかねませんので本当に止めて欲しいです。
景品表示法違反は、結局事実上のお咎めなしに終わってしまうことが多いので、
同様のやりくちが後を絶たないのでしょう。

<産経> 2013年10月25日 

阪急阪神ホテルズ系列のレストランでメニューと異なる食材が使われていた問題で、「ザ・リッツ・カールトン大阪」(大阪市北区)でも記載と異なる食材が使用されていたことが24日、分かった。ホテル従業員が産経新聞の取材に応じ「メニューにフレッシュジュースと書いてあるのに、最近まで容器詰めのジュースを使用していた」と証言。同ホテルは「内部調査で、3つのメニューで誤った表記を確認し是正した」と認めた。食材表示をめぐる問題は、日本を代表する名門ホテルにも波及することになった。

調理部門を担当していた従業員の証言によると、ホテル内のレストランやロビーラウンジでは、最近まで「フレッシュジュース」とメニューに表記しながら実際は容器詰めのストレートジュースを客に提供していた。景品表示法に基づく果実飲料などの公正競争規約では、「客観的根拠に基づかない『フレッシュ』などの表示は不当表示に該当する」としている。(以下省略)

景品表示法違反は許容し難いです。ですが、上記の記事の事案では、
ストレートジュースを使用していたわけですので、そこまで悪質でもないように思います。
提供していたジュースが、濃縮還元ジュース等になってしまうと、
(拙・果汁100%濃縮還元は本当に健康的か)話は変わってきますけれども。

解凍マグロを、生マグロと称して販売している場合と大差ないのでは。

いや、もちろん褒められたものではありませんけど。
「フレッシュ」と謳うからには、絞りたてでないと問題ではありますが、
阪急阪神ホテルズ系列の事案と同列かどうかは、正直微妙です。

すっかり有名な話になりましたが、巷に出回っている「ししゃも」の正式名称は、
「キャぺリン」で、本物のししゃもとは、姿かたちも味もかなりの差があります。

そうは言っても、どこまでが許容範囲であるかは、個人によって差がありそうですので、
景品表示法に関する線引きは、かなり難しい問題ですね。

関連記事 
【拙・辛ラーメンから重金属系の毒素が検出
【拙・飲食店で客の食べ残しを再利用することの是非
【拙・飲食店でキャベツの「使い回し」はありか

※追記(10月27日) その後、パンやエビでも偽装が発覚しました。残念です。 

 

2013年10月26日 | カテゴリー:栄養と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ