いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

パニック発作であることを自覚していないケース

バツ印をつくる女性の画像
 
少し前のことですが、「小顔になりたいので頭蓋骨矯正してください」
とのことで、20歳過ぎの女性がご来院くださいました。

何かお困りの症状があるわけではなく、美容目的の矯正ですので、
「施術前のカウンセリングは必要なくない?」と、感じられる方も少なくありません。

しかしながら、当院では、美容目的の小顔矯正であっても、骨盤の矯正であっても、
初めてお目にかかった方からは、最低限の情報収集は必ず行っています。

【拙・自分で出来る自律神経症状チェック
 

1. 実はパニック発作でした

今回お越しくださった女性も、一通り問診を終えた後、触診を進めて行くうちに、
頭蓋骨から仙骨にかけて過度の緊張がみられ、
治癒反応レベルもかなり低めであったため、改めて問診することに。
すると、5~6年前からパニック発作を何度も繰り返していることが判明。

ご本人様いわく、最初はかなり戸惑い病院に行くも異常なし、
その後も、度々発作は起こるものの、数十分我慢すれば治まるため、
諦めて、そのまま放置していたそうです。

不幸中の幸いと言っても、差し支えないと思いますが、
このクライアントさんの場合、パニック発作が生じているのが毎晩眠る前のみでした。

それ以外の環境、パニック発作が生じやすい人込みや、
電車内では、ただの一度も動悸や発汗を起こしていませんでした。

その代わり、と言っては難ですが、外泊する時でも、
寝入る際に息苦しくなってしまうことが多々あるそうです。

【拙・自分で出来るパニック障害チェック
【拙・胸に違和感や圧迫感が生じる理由
 

2. カウンセリングには宜しくお付き合いください

パニック障害でお悩みの方には、これまでたくさんお目にかかってきましたが、
長期間に渡ってパニック発作を繰り返していながらも、
本格的なパニック障害に移行していないタイプは初めてです。

当院での頭蓋骨矯正は、施術の過程で軽い睡眠状態へと誘導します。
彼女が苦手とする寝入る際に該当してしまいますので、事前に把握できて良かったです。

その後、さらに苦手な環境の詳細を聞き出し、少しでも動悸や発汗が起こりそうなら、
直ぐに報せてくれるようにお願いしたうえで施術に入り問題なく終えました。

それで、昨日頭蓋骨矯正のつづきのため、お越しくださった際に、
「寝入る前はどうですか?」と尋ねたところ、
「そういえば、あれから一度も起きてません。忘れてました(笑)」とのこと。
 
OK?????????
 
パニック発作には、あまりご関心がない模様・・・。
まぁ、それゆえに、パニック障害に発展せずに済んだのでしょうけれども。

一見無関係に思えても、把握しておきたい事をお尋ねしております。
多少煩わしくとも、初回のカウンセリング時には宜しくお付き合いくださいませ。

関連記事
【拙・パニック障害を克服するために
【拙・肩こりとパニック障害の関係
【拙・薬なしでパニック障害を治そう
【拙・パニック障害の予期不安を解消する方法
【拙・パニック障害を患うと、お酒は控えた方がよいか?
【拙・本当に効果のあるパニック発作の対処法




最終更新日 2016年7月20日

2013年10月26日 | カテゴリー:パニック障害の症状

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ