いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

整体を受けてお腹が鳴るのは良い事です

副交感神経が優位な猫
 

1. 整体は副交感神経を優位にします

 
当院での整体施術は基本的に、クライアントさんの力が抜けて、
リラックスして戴けるように誘導していくアプローチ方法が多いです。

これは、自律神経でいうと交感神経が優位な状態から副交感神経を優位にする事により、
クライアントさんが、脱力できるようにしているわけなんですね。

健康を維持できていれば、就寝時には必ず交感神経から副交感神経に切り替わります。
副交感神経が優位になることによって、全身の力が抜けて身体が休息モードに入るわけです。
整体施術中に、眠ってしまうクライアントさんが多いのも、理屈に適っていますね。

言い換えると、自律神経がスムーズに切り替わらないと、寝つきが悪くなったり、
眠りが浅く、ちょっとした物音などですぐに目が覚めてしまうことになります。

【拙・自分で出来る自律神経失調症チェック
 

2. 整体でお腹が鳴る理由

 
副交感神経が優位になった時に眠くなる以外の特徴として、内臓の動きが活発になるのですが、
これは野生動物を思い浮かべて戴くと分かりやすいと思います。

獲物を追う時、あるいは天敵から逃走する際など、活動中は交感神経が緊張した状態になります。
その後、首尾よく獲物の捕獲に成功したり、天敵からうまく逃げおおせて安全が確保され、
緊張が解けて副交感神経が優位になることになります。
そうなることによって、ようやく身体が食事可能な状態に変わるわけですね。

この一連の自律神経の働きは動物だけでなく、人間であっても変わりません。
集中してスポーツをしている最中に、「お腹が減った・・・」と感じることはありませんし、
仕事や勉強であっても、やはり集中できている間は空腹感を感じません。

休憩時間や仕事や勉強が一息ついた(副交感神経が優位になった)時になって、
「ちょっとお腹減ったな」と、認識できるわけです。

【拙・自律神経とは何なのか?

獲物を狙う画像
 

3. 整体でお腹が鳴るのは良い事です

 
自律神経のバランスが崩れている方は、自覚はなくとも日々を緊張した状態で過ごしています。
言い換えると、普段から内臓が本来の働きができない状態で過ごしていることを意味します。

そして、整体施術によって身体の緊張が解けると、内臓が徐々に本来の働きを取り戻し、
結果として、整体を受けている最中にお腹が鳴ることがあります。

他人の前でお腹が鳴ると、生理現象だから仕方ないとはいえ、一般的には、
行儀の良くない行為と見做されがちですが、整体においてはこの限りではありません。
むしろ、施術が順調に進んでいることを意味する、身体からの好ましいサインです。

そうは言っても、クライアントさんからすると、けっこう恥ずかしい様です。
女性のクライアントさんなら、尚更そうなってしまうのでしょうね・・・。

中には、お腹が鳴らないように尽力される方までいらっしゃったりしますが、
「お腹が鳴らないようにする」ということは、「交感神経を優位にする(力が入る)」
という事ですから、施術の進行を妨げているのも同然です。

そうしますと、施術効果が半減してしまったり、ひとつのことに時間を費やしてしまったりと、
良い事はなにひとつありませんので、お腹がならないようにする必要はまったくありません。

そういうわけで、整体施術中にお腹が鳴るのはとても良いことなのです。
お腹が鳴りそうになったとしても、順調に身体が回復している事を喜んで、
是非とも、そのまま力を抜いた状態でごゆるりとお過ごしくださいませ。

関連記事
【拙・胸に違和感や圧迫感がある時の対処法
【拙・自分で出来るパニック障害チェック
【拙・寝返りが健康を左右してしまう理由
【拙・スマホは美容と健康を損ねる
【拙・自律神経のバランスを保つために自分で出来る事


スポンサーリンク

最終更新日 2015年10月17日

2013年10月10日 | カテゴリー:自律神経の乱れ, 身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ