いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

クラニオセイクラルを受ける際

脱力している画像

整体を行う場合、施術の受け手が緊張していると思うように進みません。

「脱力できない」ということは、筋肉に力が入っている事を意味しますので、
セラピストが緊張の解けていない身体に対して、さらなる力で対抗してしまうと悲劇です・・・。

身体の不調を取り除くべく、整体院に来たはずなのに強引な施術を行うと、
最悪の場合は悪化させてしまう可能性だってありえます。

頭蓋を矯正する際(頭蓋仙骨療法、クラニオセイクラル)は、
身体のかなり中枢(脳や脊髄)に対してアプローチします。

脳や脊髄は生物にとって、重要な器官ですので脊髄硬膜なるものに守られているのですが、
頭蓋骨の矯正は、この脊髄硬膜に対してアプローチします。

よって、筋肉や骨、あるいは、内臓にアプローチするよりも、さらにソフトな施術が要求されます。
少しでも強引に動かそうものなら、身体はすぐさま防御すべく緊張してしまいますので、
けっこうシビアだったりします。

というわけで、施術を受ける方が上手く脱力できていれば、それだけスムーズに、
かつ効果的な施術を行えます。施術を受ける際には、是非ともご協力ください。

とはいえ、如何に脱力状態にもっていくのか、セラピストの力量が問われるわけですけれども・・・。

まとめ

① 施術の受け手が緊張している場合
② セラピストは、力で対抗するわけにはいかない
③ 脱力してもらうべく、セラピストはあれこれと手をつくす
④ 必要以上に時間がかかってしまうことがある
⑤ 施術を受ける際には、可能な限り力を抜いてごゆるりとお過ごしくださいませ

関連記事
【拙・自律神経失調症を理解する
【拙・パニック障害を克服するために

 

2013年10月5日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ