いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

不眠症を誘発するきっかけになりうる白夜

白夜の画像
 

1. 白夜になると睡眠のリズムが崩れる

「太陽がふたつになって、日本が白夜になったらどうなるの?」とのご質問を戴きました。
何故唐突に白夜なのかと言いますと、数日前に僕がそういう話をしたからです(ベテルギウス超新星爆発)。

太陽に匹敵しうる光源が出現したらどうなるんでしょうね。
やっぱり、気温が上昇したりとかするのでしょうか。
これに関しては、正直なところよくわかりません。すみませぬ。

白夜になってしまった場合は、単純に考えると睡眠のリズムが崩れます。

日常の生活において、朝に太陽の光を浴びると、
体内時計がリセットされて、活動状態に入ります。

【拙・休みになると体調不良で熱がでるのは何故なのか?
 

2. メラトニンと睡眠の関係

同時に、「睡眠ホルモン」とも言われている、メラトニンの分泌が止まり、
おおよそ、14時間程度経過した後に再度メラトニンが分泌され、眠気を感じることになります。
メラトニンは、夜間(暗い間)に多く分泌され、睡眠が促されるわけです。

簡単にまとめると以下の様な感じです。

◇ 起床と供に陽の光を浴びると、メラトニンの分泌停止(脳が覚醒し身体は活動状態に移行)
◇ 同時に、14時間後にメラトニンが分泌されるようセットされる(一定の生活リズムを保つ)
◇ 14時間後、メラトニンが分泌され始める(眠気を誘い就寝への準備)

【拙・女性のホルモンバランスが崩れやすい理由
 

3. 白夜になるとメラトニンの分泌が抑制される

ところが、白夜になり夜間にも太陽に等しい光源が存在してしまうと、
メラトニンの分泌が抑制され、睡眠の質が低下してしまいます。

質の悪い睡眠が、連日のこととなると、睡眠リズム、ホルモンバランスが徐々に崩れ、
睡眠の質は、さらに低下していき、酷くなると不眠症になりかねません。

睡眠が削られると言うことは、身体が回復する時間帯が削られる、
と言うことでもありますので、かなり厳しい環境だと言えます。

【拙・シャワーはコーヒーよりも目覚め効果が高い
 

4. 睡眠の質を保つにはどうすれば良いか

それでは実際に白夜になったらどうすれば良いか、という話になりますが、
遮光カーテンや、ブラインドを使用して室内の明度を下げたうえで就寝する、
ということが、比較的簡単に実現可能な対応策となりそうです。

なお、日本に白夜が訪れるかどうかは未知数ですが、
白夜と永い付き合いの北欧では、ナイトミルクなるものが存在します。

真夜中に乳牛からミルクを搾ると、昼間に搾って出来た牛乳よりも、
メラトニン含量が3~4倍多い牛乳がとれるそうで、
このメラトニンがたくさん含まれた牛乳を飲むことにより、睡眠の質を維持している模様です。
その土地で暮らしてきた民族の英知ですね。

関連記事 
【拙・自分で出来る自律神経失調症チェック
【拙・自律神経失調症を理解し改善をはかる
【拙・LEDは自律神経に負担をかける
【拙・目覚ましアラームが鳴る前に目が覚めるのは何故なのか?
【拙・自律神経失調症で胸に違和感や圧迫感が生じる理由




最終更新日 2016年8月22日

2013年10月1日 | カテゴリー:睡眠の質を上げる方法, 自律神経の乱れ

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ