いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

何故ヒトは『痛い』とアピールするのか

20130908c
 
他の種族と比較した場合、ヒトは痛みを感じやすいと言われています。

負傷していても、痛そうな素振りをみせる野生動物を見たことがある人は少ないと思います。
学説では、弱っていることを悟られると、標的にされやすく、
さらに生存率が低下してしまうから、とされています。

野生動物が痛そうにしていても、メリットなんぞありません。

それに対して、ヒトの場合は、痛そうにしていると、
周囲から保護、あるいは、支援してもらえる可能性が高まります。

というわけで、痛みを我慢して平静を装うよりも、
多少なりとも、大袈裟に振舞った方がメリットが大きくなることも少なくありません。

つまり、ヒト社会では痛みを感じやすい方が、生存に有利とも言えなくもない、
それが積み重なって、より痛みを感じやすい種族になっていったのかも。

ところで、飼い犬は、痛い素振りをみせると良いことがある、と学習します。
愛犬の歩行に違和感がある時等、過度に心配し過ぎると、
それに味を占めて、本当はなんともないのに、痛々しく歩く事があったりします。

社会的動物は、しばしば駆け引きを行いつつ、有利な環境を目指す生き物といえそうです。

関連記事 
【拙・いざと言う時に
【拙・痛みを感じやすい人は損をしているか

 

2013年9月8日 | カテゴリー:心理学

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ