いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

暑さはストレスであり交感神経を緊張させる

気温40度
 

1. 交感神経の緊張が解ける時

 
お越しくださる方クライアントさんとお話ししていると、「今年の夏はほんとうにしんどい」
と仰る方が例年よりも多い感じですが、今年の夏は暑かったですからね・・・。

寒冷刺激を受けると、自律神経の交感神経が緊張することはよく知られています。

冬になると肩がこりやすくなりますが、肩をすくめる機会が増えることも要因のひとつです。
寒いとつい肩をすくめてしまいますが、肩をすくめたからといって体温が上昇したりはしません。
「交感神経が緊張しているので肩をすくめてしまう」というのが正解ですね。

春が近づくにつれて気温が上昇し、寒さから解放されて交感神経の緊張も緩和していくため、
春が訪れると、人は自然と力も抜けて和むわけです。厳しい冬を越えて春になると、
気分も穏やかになるのは自然の摂理といえるでしょう。

【拙・自律神経のバランスが崩れると厄介
【拙・自律神経失調症で胸に違和感や圧迫感が生じる理由
 

2. 暑さもストレスになります

 
それでは、次の冬まで交感神経は緊張しないのか、と言いますとそうでもありません。
夏の暑さによる刺激も実はストレスになることがあります。

体温を超えるくらいの気温になってしまうと、暑さも刺激以外の何ものでもありませんので、
それに耐えるべく、交感神経は緊張してしまうわけですね。

お風呂に入ると副交感神経が優位になって、リラックスできることが知られていますが、
お湯の温度が高く熱過ぎると、逆に交感神経が優位になってしまいリラックス効果が
得られないのと同じことです。

最近の夏は夜になってもあまり気温が下がらず、寝苦しい夜が多い傾向があります。
それはつまり、脳や身体が休息し回復する機会が減少していることを意味します。

そうしますと、日を重ねるほどダメージが蓄積されていき、暑さが和らいだ頃、
つまり秋になってようやくストレスから解放され、身体は溜め込んだ疲労から
本格的な回復へと転じるわけです。

要するに、暑すぎても寒すぎても身体に負担がかかってしまうのです。

酷暑により疲弊した身体が、より疲労を感知しやすくなるのはこれからですが、
暑い夏の間に可能な範囲で、しっかり食事と休息を摂っておけば、
秋が訪れた際に生じがちな身体の不調も軽度ですみます。今が頑張りどきです。

関連記事
【拙・自分で出来る自律神経失調症チェック
【拙・体温を超えると風がふくと暑い?
【拙・夏に除湿すると過ごしやすくなる理由
【拙・夏になると足がだるくなるのは何故?
【拙・夏を涼しく過ごすアイテムとしてのハッカ油


スポンサーリンク

最終更新日 2015年10月17日

2013年8月24日 | カテゴリー:自律神経の乱れ

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ