いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

ビールは水分補給になるか?

生中ジョッキ
 

1. 暑い時期のビールは美味ですが

夏の暑い時期になるとビールを飲みたくなる人は多いですよね。
夏でなくとも、サウナに入った後、喉が渇いている時に飲んだビールの美味さは異常です。

はたまた、夏に海へでかけて炎天下の砂浜でぐうたらしながら、
喉ごしの良いビールを飲める瞬間は至福のひとときですよね。

だがしかし、上記のシチュエーションで喉ごしの良いビールをガブガブ飲んでしまうと、
健康という観点から考えた場合、実はかなり危険な行為だったりします。

まず、喉が渇いているという状態は、体内の水分が不足している事を意味します。
つまり喉が渇くのは、脳が水分を補給するように仕向けた結果なんですね。

ところが、ビールは爽快感を得られるものの、残念ながら水分補給にはなりません。
それどころか、ビールを飲むことによって、さらに水分が不足した状態になってしまいます。

【拙・生ビールと瓶ビール、中身は同じでした
 

2. ビールが水分補給にならない理由

ビールを含め、アルコールには抗利尿ホルモンを抑制する特性がございまして。

「抗利尿ホルモンを抑制する」と言われてもなんだか分かりにくいですよね。
ひらたく言いますと、普段は尿の量を調整するためのホルモンが分泌されているのですが、
ビールをはじめとしたアルコールを摂取することにより、このホルモンは働かなくなります。

そうしますと、結果として尿の量は調整されることなく、膀胱にどんどん溜まっていきます。
そのためビールを飲むと、どうしてもトイレに行く回数が増えてしまうわけなんですね。

そもそも、アルコールを摂取するとなぜ抗利尿ホルモンが抑制されるのかと言いますと、
身体にとって、アルコール、アルコールから変換されるアセトアルデヒドは有毒です。

血液中のアルコール濃度が上昇し、いよいよ尿や汗として排出できない濃度に達してしまうと、
身体は通常の代謝によって処理するのではなく、強制的に体外へ排出しようとします。
ビールやお酒を飲みすぎてしまって嘔吐するのはこのためなんですね。

毒であるがゆえ、身体としては少しでも早く体外へと排出してしまいたい、というわけです。

【拙・アルコールの代謝の仕組み
【拙・毎日水を2リットル飲んだ方が良い?
 

3. 結論と致しまして

グラスビール
 
とはいえ、特に何の病気も患っていない人が、暑い夏に帰宅した際やお風呂上りに
ビール一杯を飲み干す程度であれば、大きな問題にはならないでしょう。

それに対して、砂浜などの炎天下で長時間だらだらとビールを飲み続ければ、
身体は脱水状態に陥ってしまう危険性が高いです。

「ビールやアルコールは水分補給にはならない」と言うことを認識したうえで、
くれぐれも健康を害さない範囲内で美味しいビールを堪能してください。

◆追記
「これからは、なるべくトイレに行くのを我慢するようにします」 と、
語ってくださったクライアントさんがいらっしゃるのですが、それだと解決にはなりません。

アルコールを摂取したことにより、身体の水分を外に出すべく体内の細胞から、
膀胱へと水分が移動し、 膀胱が刺激されたがゆえに、尿意を感知するわけです。

つまり、この段階で既に身体の水分は失われており、トイレを我慢してみても意味はありません。

関連記事
【拙・ビールを飲むと下痢をしやすいのは何故なのか?
【拙・これだけは気をつけたい健康的なお酒の飲み方
【拙・パニック障害とアルコール
【拙・コーヒーを飲んでも水分補給にならないのか?




最終更新日 2015年7月1日

2013年8月20日 | カテゴリー:アルコールと健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ