いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

貧乏ゆすりは効果的な健康法

貧乏ゆすりとセロトニン

1. 貧乏ゆすりは過剰エネルギーを発散させる効果がある

日本社会では世間一般において、いわゆる、「貧乏ゆすり」は、
行儀が悪い行為と見做される傾向があります。
しかしながら、貧乏ゆすりは、本人にとって実は健康的だったりします。

少しイライラする時に、やってしまいがちだと思うのですが、
その際、小刻みに脚を動かすと余分なエネルギーを放出できます。

ストレスが溜まったときに、バッティングセンター(古いですかね?)や、
カラオケ等にでかけて、運動によってエネルギーを発散させたい、
という衝動に駆られる経験は誰にでも心当たりがあるはずです。

貧乏ゆすりは、時と場所を選ぶことなくできてしまうのですから、
有効利用しない手はありますまい?

【拙・舌打ちはストレスを軽減してくれる
 

2. 貧乏ゆすりによって、セロトニンの分泌を促す

さらに、貧乏ゆすりは一定のリズムを刻むわけですが、
一定のリズムは、セロトニンの分泌を促し、精神を安定させる効果があります。
ダンス、あるいは、もっと手軽なところだと縄跳び等のリズミカルな運動は、
セロトニン神経を活性化してくれるため、精神衛生上も好ましいと言えます。

強いストレスに晒されると、血圧や心拍数が上昇し、
交感神経系の働きが高まりますが、それを緩和してくれるわけです。

「スポーツジムで走るくらいなら、その辺を適当にジョギングした方がいいのでは?」
という意見をお持ちの方もいると思いますが、公道でのジョギングよりも、
スポーツジムのマシンの方が優れている点のひとつとして、
常に一定のリズムで走ることができることが挙げられます。

ちなみに、うつ傾向にある人は、セロトニンの分泌量が低下していることが、
明らかになっており、現にうつや、不眠症、情緒不安定等の治療薬においても、
セロトニンを適量にコントロールできる効果があるものを主流としています。

スポーツジムでランニングをする画像

【拙・女性のホルモンバランスが崩れやすい理由
 

3. 貧乏ゆすりは優れた健康法である

どうだろうか? どこでもでも、誰にでもできる貧乏ゆすりによって、
過剰になったエネルギーを体外に放出できてしまうことに加えて、
セロトニンの分泌を促し精神的な安定まで手に入ってしまいます。

そもそも、素晴らしい効果が期待できるからこそ、 人はストレスが生じると、
それを軽減すべく、 無意識に貧乏ゆすりをするに至ったと推察されます。

ですので、それで心身の健康を保てるならば、ありだと思うのです。
人知れず、こっそりと貧乏ゆすりをすることに何のデメリットもありません。
唯一の問題は、癖になってしまい無意識のうちに、ついうっかり人前で貧乏ゆすりを披露してしまうと、
周囲からの評価が著しく低下してしまう(かもしれない)ことくらいです。

完璧にコントロールできるのであれば、実は非常に優れた健康法と言えるのでは?

関連記事 
【拙・後ろ歩きは健康に効果的か?
【拙・目覚ましの前に目が覚めるのはストレスのせい?
【拙・セロトニンの分泌が低下すると行動意欲も低下する
【拙・動き初めに膝が痛い場合の対処方法


スポンサーリンク

最終更新日 2016年5月19日

2013年8月16日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ